歯科コラム

歯科コラム

  • 毎日の口腔ケアで動脈硬化予防

    歯と健康

    中村歯科コラム:歯科疾患と内科疾患には関係性について

    歯科疾患と内科疾患の関係性について

    歯科疾患と内科疾患とは診療科が分かれているせいもあって、まったく無関係と思いがちですが、じつは関係が大ありということが最近の研究でわかってきました。
    2000年にカリフォルニア大学のマイケル・ニューマン教授(元米国歯周学会会長)によって、歯周病菌が心筋梗塞や呼吸器疾患、糖尿病などの全身疾患に何らかの影響を及ぼしているとの指摘がなされました。実際に冠動脈のバイパス手術を受けた人の動脈硬化の進んだ血管壁から歯周病菌が発見されるなどして心臓病との関係に注目が集まり、そのメカニズムの解明が進んでいます。
    マウスの実験でも、人工的に動脈硬化を起こしやすくしたマウスに高脂質の餌を与えて歯周病菌を感染させた場合と、高脂質の餌だけを与えた場合とでは、歯周病菌に感染させたマウスの方が動脈硬化の形成が早いことが確認されています。このことからも歯周病菌が動脈硬化の形成に重要な役割を果たしていることがわかります。

    20本以上歯を残して心臓も元気なご長寿に

    歯科と心疾患の関係について興味深い調査報告があります。高齢者の残存歯の本数と健康状態との関係を心電図の分析によって調査したもので、福岡県下9市町村の80歳の一般住民697名を対象にしています。それによると20本以上歯を残している人は19本以下の歯の少ない人に比べて明らかに心電図の所見がよく、虚血性変化(血の巡りの悪さ)を示す異常Q波、ST低下、T波異常などの異常所見や不整脈の頻度が有意に少なかったそうです。また、心拍数の増加は心血管病のリスクの一つですが、20本以上ある人の心拍数は少なく(徐脈)、残存歯が少ない人は心拍数が増える頻脈の傾向にあると報告されています。
    このことから20本以上の歯を有する高齢者は、冠動脈心疾患を含む心血管病で死亡するリスクが少なく、長寿である可能性が大きいことが推測されています。
    ただ、歯の本数が少ない人でも義歯を装着すると心電図の異常が減少する傾向が認められることから、咀嚼の改善のためだけでなく、心疾患を予防するためにも義歯の装着は有効とされています。インプラントについても同様の効果が期待されます。
    糖尿病では歯周病の治療によって血糖値が改善されることが知られていますが、集中的な歯周病治療で血管の細胞に機能回復が見られたという報告もあります。
    日本人の死因の第2と第3位を占める心疾患(高血圧性を除く)と脳血管疾患の多くは動脈が硬化することにより起こりますが、口腔ケアを徹底することが動脈硬化の予防につながれば、日本人の寿命はさらに延びる可能性があるのではないでしょうか。
    口腔ケアは歯周病やむし歯予防のためのみならず全身疾患の予防ともなり、その結果、自分の歯を20本以上残すことができれば、元気で長生き!への大きなアドバンテージとなるにちがいありません。

    中村歯科コラム:20本以上歯を残して心臓も元気なご長寿に
  • ステイホームでだぶついたお腹周りをすっきりさせる方法

    歯と健康

    中村歯科コラム:メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドローム

    新型コロナウイルスの影響でステイホームが続き、気がついたらぽっこりお腹になっていたという方も少なくないのではないでしょうか。体重が増えてお腹周りが気になり出したら心配されるのがメタボリックシンドロームです。というのも肥満のうちでも高血圧や糖尿病、脂質異常症などをひき起こしやすいのは「内臓脂肪型肥満(内臓肥満)」だからでです。日本ではウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm、女性90cm以上でかつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると、「メタボリックシンドローム」と診断されます。腹囲が大きいだけではメタボリックシンドロームにはあてはまりませんが、黄色信号が点灯しているという自覚で生活習慣の見直しが必要だといえます。

    食べる速さに問題

    肥満の方でよく見受けられるのは食べるのが速い、いわゆる“早食い”の方です。よく噛まずにすぐに飲み込んでしまうタイプといえます。実際に35歳から69歳の成人男性3,737人女性1,005人を対象としたある調査では、早食いの人はBMI【体重kg ÷ (身長m)2】が高い傾向にあることが報告されています。さらには20歳の時点からのBMIの増加量も、早食いの人ほど高いという結果がでています。つまり、20歳の頃に比べて体重が顕著に増加している人に“早食い”の人が多い傾向があるということなのです。こうした傾向は運動習慣やエネルギー摂取量(つまり食事の量)、喫煙などほかの要因を考慮しても有意な差があることが認められています。
    それだけではなく、食べる速さが早いと答えた人ほどインスリン抵抗性指数(HOMA-R)が高かったという報告もあります。“インスリン抵抗性”とはインスリンという血糖を下げるホルモンがでても血糖がなかなか下がらない状態で、インスリンの効きにくさのことをいいます。数値が高いほどインスリンが効きにくい、つまり血糖が下がりにくいことを意味します。
    “早食い”という食習慣は肥満はもとより、糖尿病予備軍へとまっしぐらといえます。よって肥満や糖尿病予防にはゆっくり食べることを習慣化することが大切だといえます。
    歯科の観点からも普段からよく噛んで食べるとことをお薦めしていますが、実際に咀嚼回数と体重の変動との関連を調べたところ、1口について0~20回咀嚼した人に比べて、21~30回咀嚼した人の体重減少が大きいという報告があります。肥満治療の行動療法の一つとしてこうした「食行動の修正」が実践されているのも納得できます。
    ダイエットというと食事の量や種類、頻度などに目がいきがちですが、食行動、とくによく噛んでゆっくり食べることについても注意が必要だといえます。
    よく噛むためには口腔内が健康で噛む機能が十分に発揮されることが大前提です。むし歯や歯周病はもちろん、左右の奥歯がしっかりと噛み締めらるか、口の中が乾燥して食べにくかったり、噛み合わせに違和感があるなど気になることがあれば、早めに歯科を受診することをお勧めします。

    中村歯科コラム:食べる速さに問題
  • 通院回数が多くなる理由

    歯と健康

    中村歯科コラム:細菌画像

    虫歯の進行度による通院回数の目安

    歯科治療というと“通院回数が多い”というイメージでありますが、回数が増えるのにはいくつか理由があります。治療の過程で歯型を取って被せ物を作成するなど段階を追った治療が必要になることや、被せ物は歯科技工所に依頼するために、歯科技工所を併設しているクリニックでない限りはどうしても時間がかかってしまうのです。
    そのほか、患者さまの負担にならないように1回の診療時間が長くなり過ぎないように配慮したり、経過観察が必要な場合もあります。とくにむし歯の場合はむし歯の進行度と通院回数との間に相関関係があります。 むし歯はその進行度によって以下のような4つの段階に分類されます。
    C0(初期むし歯)→C1(エナメル質まで進行)→C2(象牙質まで進行)→C3(歯髄まで達している)→C4(歯冠部が溶けて歯冠だけになる状態)
    それぞれの段階によって治療が異なり、C0であれば、削ったりせずフッ素塗布やブラッシング指導でよい場合もあります。
    C1はむし歯の深さは1〜3mmで検診時にみつかる場合が多く、痛みはほとんどありません。治療はむし歯部分を削ってレジン(歯科用プラスチック)を詰める治療ですむので1回の通院で終わることも少なくありません。
    C2は神経まで達していない中度のむし歯で深さは2〜5mmです。自覚症状はないか、あっても冷たいものや熱いものがしみる軽度です。むし歯部分を削って詰め物やかぶせ物をする治療が中心となります。歯型を取って修復物を作成するので2〜3回の通院が必要です。
    C3、C4は歯髄(歯の根の中の神経や血管)まで達してる深いむし歯といえ、当然ながら強い痛みを伴います。歯が残せる場合は根管治療(歯内療法)といって、感染した歯髄を取り除く治療を行います。根管とは神経や血管が通っている管のことですが、奥へ進むにつれて複雑に枝分かれしているので隅々まできれいにするにはドクターの根気と時間を要します。こうした根管治療が終了したあとは土台づくりと型取り、そしてかぶせ物の制作、装着と続くので根管治療を伴うむし歯治療では4〜5回以上は通うことは珍しくありません。
    C4になると歯冠部がむし歯によってほぼなくなっているので、歯が残せないと診断された場合は抜歯になります。抜歯後はブリッジ、入れ歯、インプラントといった補完的な治療により、咀嚼機能の回復を行います。 いずれにせよ、むし歯が深く進行すれするほど、治療はたいへんになり、時間も費用もかかるといえます。
    このように治療を先延ばしにすることでいいことはなに一つないといえます。

    通院回数を減らすには

    むし歯をはじめ、口腔内のトラブルは早期発見、早期治療にこしたことはありません。ごく初期のむし歯であれば、歯の脱灰と再石灰化のサイクルの中で修復される可能性がありますが、それ以上に進行した場合には自然治癒ということはありません。
    治療回数を減らす最もよい方法は、3ヶ月に一度の定期検診とクリーニグを受けることです。定期的に通うことは一見、回数が多いようですが、1年にすれば4回で済みます。それも自分の都合のよい日程で受けられます。一方、むし歯など症状が出てからの通院となると、多忙な時であっても少なくとも4、5回以上、痛みこらえながら通院しなければなりません。大切な永久歯はむし歯によって損傷していき、治療がすんでも詰めものや被せ物の歯が並んで見た目も悪くなってしまうこともあります。そうならなたいためにも定期検診&清掃をおすすめしています。万が一、病巣ができてもすぐ発見して簡単な治療ですませることができ、時間もお金もかかりません。

    中村歯科コラム:歯科医院との継続的なメンテナンス
  • 歯周病検査にもPCR法が導入

    歯と健康

    中村歯科コラム:細菌画像

    口腔内の細菌とは

    今回のパンデミック以降というもの、エアロゾル感染やPCR法、クラスターといった専門用語が、私たちの日常会話でとびかっていることに驚かされますが、感染症に関する知識が増えたこの時期に、口腔内の感染症である歯周病について再確認するのもよい機会かもしれません。
    感染症とは「病原体が体に侵入して症状が出る病気」と定義され、病原体は大きさや構造によって細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などに分類されます。では歯周病菌は何に分類されるでしょうか?
    答えはご存じのように細菌です。余談ですが今、世間を騒がせている新型コロナウイルスはその大きさは100~120ナノメートルとさらに小さく(ウイルスは細菌の数十分の一位)、実際に確認するためには電子顕微鏡が必要になってきます。
    口腔内に生息している細菌は500〜700種類、あるいはそれ以上ともといわれており、そのうち90種類ほどが歯周病と関係しているといわれています。ですから歯周病はさまざまな細菌が関わって発症、進行していく疾患といえます。そうした歯周病菌の中でも、その強毒性において頂点に立つのが“レッドコンプレックス(集合体)”といわれる細菌で、名前は覚えなくてもけっこうですが、以下の三種です。

    1.プロフィロモナス・ジンジバーリス(P.g菌)
    バイオフィルムを形成し、強力に歯ぐきの周りの組織に付着し破壊する。細菌の内毒素により歯ぐきの骨を溶かす。

    2.トレポネーマ・デンティコーラ(T.d菌)
    タンパク分解酵素を産生し、歯周組織を破壊、免疫機能を抑制して治癒を妨げる。

    3.タンネレラ・フォーサイセンシス(T.f菌)
    通常の治療で治らない難治性の歯周病に多くみられ、歯周組織の破壊が活発な部分や深部での病巣に多く見られ、内毒素を持つと同時にタンパク分解酵素も産生。

    DNA診断で歯周病菌を特定

    この三種に、若年性歯周炎に影響を与え、急速に症状を悪化させるアグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス(A.a菌)を加えた四種が、歯周病の発症に最も関連の深い菌種とされています。ちなみにレッドコンプレックスの下位にオレンジコンプレックス、同様にイエロー、グリーン、ブルー、パープルと続きます。
    レッドコンプレックスの三種において顕微鏡下で観察できるのはT.d菌のみで、残りの二種については非常に小さな桿菌(細長い形をした細菌)であるため、顕微鏡では見えても判別できず、菌を特定するにはリアルタイムPCR法*によるDNA診断が必要となります。診断の結果、レッドコップレックスに感染しているとわかった場合は3DSマウスピース治療*等によって除菌をすることが有効とされています。
    いずれにしても歯周病菌やむし歯菌は口腔内の常在菌の仲間なので、生まれたばかりの赤ちゃんをのぞいてゼロであるという人はいません。その証拠に歯が一本もない人からも歯周病菌やむし歯菌は検出されます。ですから、歯周病を治療したから、あるいはむし歯治療が終了したからといって安心するのではなく、日々のブラッシングと歯科医院による専門的なクリーニングによって口腔内の衛生管理を継続維持するが大切だといえます。

    *リアルタイムPCR法
    PCR とは、Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の略。DNA合成酵素(ポリメラーゼ)を利用した遺伝子の高感度検出法。DNAの加熱、冷却を繰り返してDNA合成反応を連続して行うことで、ごく微量のDNAを短時間で増幅する手法。この手法によりわずかな生物の断片からその生物を特定することが可能となった。

    *3DSマウスピース治療
    ”Dental Drug Delivery System”の略。むし歯菌や歯周病菌の除菌を目的として、抗菌剤と殺菌消毒薬を注入した専用のマウスピースを上下の歯列に装着。歯面に歯垢をつきにくくする効果も期待できる。

    中村歯科コラム:歯科医院との継続的なメンテナンス
  • セレブの歯並びがきれいな理由

    歯と健康

    中村歯科コラム:きれいな歯並び

    歯並びについて

    新型コロナ感染症に関するニュースが日々、更新され、国内はもとより広く海外の状況も知るところとなっております。それに伴い、各国の首脳をテレビで見る機会も増えていますが、国民に自粛を呼びかける首脳たちの口もとを見たときにおのずと目に入ってくる歯並びです。トランプ大統領をはじめ、世界のトップリーダーたちは皆きれいな歯並びをしていることがわかります。やはりデンタルIQが高く、日頃からケアを怠っていないことがうかがいしれます。ビル・ゲイツらビジネスパースンもしかりで、欧米のセレブの人々に歯並びの悪い人をみつけることは難しいでしょう。
    セレブに限らず、欧米では歯並びが整っていることは育ってきた家庭環境のよさを示すアイコンともなっていることはよく知られたことです。つまり金銭的にも余裕があり、子どもの教育に熱心で愛情をかけて育ててきた証拠というわけです。
    日本でも歯並びに対する意識は向上しており成人矯正も特別なことではなくなっています。
    矯正治療によって得られるものはこうした外見上のことだけでなく、健康面でのメリットもじつは大きいのです。

    免疫力アップはよく噛むことから

    噛み合わせが悪いということは、とりもなおさずよく噛めていないということにつながり、日々の食事の際にあごの関節に負担をかけているということにほかなりません。顎関節がうまく折り合いをつけてなんとか噛み合わせてくれているからです。
    それだけでなく、噛み合わせのズレは頭がい骨のバランスを崩すことを招き、その崩れを身体側で調整しようとするため首や肩や腰などに負担がかかります。そのため頭痛や肩こり、めまい、ときには腰痛などを引き起こす場合さえあります。
    矯正治療によって歯列を正しい位置に戻して噛み合わせが正常になれば、あごの関節はもとよりはじめ、全身にかかっていたこうした負担を取り除くことができるのです。
    さらにはしっかりと噛んで食事をすることで脳への刺激も増えて脳全体の活性化につながります。よく噛むことで唾液の量も増えるので、唾液の中に含まれるデンプンの消化を助ける酵素アミラーゼのほか、天然の抗生剤といわれる抗菌作用を持つ成分が働いて口腔内の細菌の増殖を抑えてくれます。今、注目の免疫力アップにはしっかりと噛んで食事をすることが基本だといえます。
    そのほか、若返りホルモンであるパロチンも分泌されアンチエイジング効果も期待できます。
    矯正治療によって歯列が整うことで歯ブラシもスムーズになり、磨き残しもなくなりプラークコントロールがしっかりできるので、むし歯や歯周病を予防し将来、歯を失うリスクも回避できます。
    このように矯正治療によって口元の美しさはもとより、生涯にわたる健康という大きなアドバンテージが得られるといえます。

    中村歯科コラム:矯正治療で歯列が整う

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30