歯科コラム

歯と健康

  • ズキンとくる知覚過敏は早めの対応を

    歯と健康

    中村歯科コラム:ズキンとくる知覚過敏

    力まかせの歯ブラシは危険

    最近、「歯がシミる」という訴えがよくあります。かき氷や冷たい飲み物にキーンと痛みが走るという方や、甘い物や温かいものを飲食したときにズキンとする、歯ブラシの先が当たっても痛いとその症状もさまざまです。
    その痛みはむし歯にも負けず劣らずの一撃ですが、むし歯との違いは痛みの持続時間です。むし歯はズキズキと痛みが持続するのに対して、10秒以内におさまるようであれば、知覚過敏症が疑われます。正式には「象牙質知覚過敏症」といって、冷たいものより温かいものが染みる方がより重症といわれています。
    歯の表面は厚さ1~2㎜程度のエナメル質で覆われていますが、歯ぐきの中に埋もれている部分(歯根)にはエナメル質はなく、比較的やわらかなセメント質が覆っています。その奥には歯の本体ともいえる象牙質があり、細い管状の組織(象牙細管)が集まっています。象牙細管のなかは組織液で満たされていてこの細管を通して外部の温度刺激や圧力などが敏感に伝わると考えられています。
    加齢や歯周病によって歯肉がやせて歯の根元が露出してくるとセメント質が剥き出しになり、そこを強い力でごしごしと歯ブラシするとセメント質やその奥の象牙質が傷つき知覚過敏がおきやすくなるといえます。

    ストレスも原因の一つに

    歯が染みると感じたら、むし歯の有無も含めて歯科医院での診断を仰ぐことをお勧めします。知覚過敏症の治療は露出している象牙質に薬を塗布したり、レジン(樹脂)・歯科用セメントなどでコーティングします。そのほか象牙細管内組織液を固める方法(薬やレーザーを使用)、露出した象牙細管をレジンで埋める方法もあります。治療は1回で終了するわけではなく、コーティング材がすり減るので数ヶ月ごとに足していく必要があります。ただ、その間に歯の再石灰化が進んで表面が修復されていけば症状が軽くなっていきます。
    歯の根元が削れたようにえぐれてしまっていることが知覚過敏症の方にはよくありますが、最近は歯ぎしりやくいしばりもその原因として考えられています。こうした歯ぎしりや食いしばりのある方は歯ぎしり防止のマウスピースを使用する場合もあります。ナイトガードといって就寝中に装着します。
    知覚過敏症予防のためには歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを選び、やさしく丁寧な歯ブラシを心がけてください。正しいブラッシングで1~2週間で症状が改善する方もいらっしゃいます。市販されている知覚過敏用の歯みがき粉には象牙質をカバーする働きのある硝酸カリウムという薬用成分が入っているので症状を緩和してくれます。
    知覚過敏症も症状が重い場合は歯の神経を除去する方法がとられますが、できれば神経は温存したいもの。重症化しないうちに歯科医院に相談して適切な処置と正しい歯磨き法の習得をされることをお勧めします。

    中村歯科コラム:知覚過敏は早めの対応を
  • 歯周病菌とむし歯菌の違いを知って予防に役立てよう

    歯と健康

    中村歯科コラム:歯周病菌とむし歯菌の違いを知る

    むし歯のきっかけをつくるミュータンス菌

    むし歯と歯周病は日本人が歯を失う2大原因ですが、どちらも口腔内にいる細菌によって引き起こる感染症です。それぞれ原因菌が異なり、発症する部位も違っています。ただ、どちらも細菌の塊であるプラーク(歯垢)の中で増殖して口腔内に弊害をもたらします。ときとしてうやむやになりがちなこの2大疾患について改めてその違いを確認しておきたいとい思います。
    むし歯はむし歯菌が糖質をえさに代謝してできた酸により歯の表面のエナメル質を溶かすことから発症します。さらに進行すると奥のセメント質や象牙質まで侵し、神経と血管からなる歯髄にまで達して激痛を引き起こします。
    むし歯の原因となる細菌はミュータンス菌とラクトバチラス菌が代表的ですが、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌は存在しません。幼児の頃に母親や周囲の大人が口移しで食べ物をあげたりすることで感染します。ミュータンス菌はネバネバした歯垢を形成してむし歯の発症を促し、続くラクトバチラス菌がミュータンス菌のつくったネバネバをすみかに増殖してむし歯を重症化させます。ミュータンス菌は一度感染して定着してしまうとなかなか減らすことができないので、日頃からその活動を抑制するケアが重要になります。

    血液をえさにする歯周病菌も

    歯周病菌は以前約300種類といわれていましたが、今では800種類以上とも報告されています。口腔内にいる常在菌の中でも最強のグループに分類されるのが、P.g.菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)、T.f.菌 (タンネレラ・フォーサイシア)、T.d.菌(トレポネーマ・デンティコーラ)の3菌種です。これらの細菌は歯ぐきや口腔粘膜にしっかりと付着し内毒素により歯周組織を炎症させ、あごの骨を溶かします。なかでもP.g.菌は親玉的な細菌で血液をえさとして出血を伴う症状によりいっそう増殖して進行を早めます。早急に出血を止め、細菌のすみかである4㎜以上の歯周ポケット内のクリーニングにより細菌を一掃することが必要です。

    予防にも役立つ口腔内細菌検査

    ご自身の口腔内にいる細菌の種類やむし歯と歯周病のどちらになりやすいかなどについては口腔内の細菌検査でわかります。予防にも役立てることができるので、唾液の量を測る唾液検査なども合わせて是非一度は受けていただくことをお勧めします。
    いずれにしろ、どちらの疾患にもならないことが一番であることはいうまでもありません。むし歯も歯周病も普段のケアと定期検診・クリーニングによって十分に予防することができる病気であることを知って、口腔内の健康に留意していただければと思います。

    中村歯科コラム:歯周病菌とむし歯菌の違いを知り予防に役立てる
  • 今すぐ止めたい!むし歯を進行させる飲食習慣とは

    歯と健康

    中村歯科コラム:むし歯を進行させる飲食習慣とは

    お口の中のpHが問題

    お口の中のトラブルはできるだけ避けたいもの。そのために毎日の歯磨きや定期検診に通われていることと思いますが、そうした努力も一瞬にして無駄にしてしまう生活習慣があります。それは──。
    答えにいく前にいくつかの大切なことをご説明したいと思います。
    むし歯は口腔内の常在菌の中でもミュータンス菌などの糖を分解して酸を作り出す細菌によって引き起こされるということはご存じだと思います。
    歯の表面を覆うエナメル質は非常に硬い物質ですが酸に弱く、pH(ペーハー)5.5以下になると、“脱灰”といってカルシウムが溶け出します。
    お口の中が最も酸性になるのは食事中で、むし歯菌が活動を開始、糖分をえさにしていっせいに酸を作りだすため急激に酸性に傾きます(pH4〜6)。ただ、食後40分もするとアルカリ性である唾液により中和されて平常時の6.5〜7(弱酸性)くらいに戻ります。同時に唾液に含まれるカルシウムが再び歯の表面に付着することで修復がなされます。この過程を“再石灰化”といいますが、食事のたびにこの脱灰と再石灰化とが繰り返されることでむし歯にならずにすんでいるのです。

    糖分の量ではなく、回数とタイミング

    定期的な3回の食事だけではこのサイクルがきちんと機能し、そう簡単にはむし歯にはなりません。むし歯のリスクを高めるのはこの3食以外の間食(飲み物も含めて)といえます。間食の回数が増えれば、脱灰に終始してしまい、再石灰化が間に合わなくなるからです。
    アメ1個でも、調理の際に一口、味見をするだけでもpHは急激に酸性に変化します。缶コーヒーも同様に食間に飲む習慣が、いかにリスクが高いかがおわかりになると思います。問題なのは糖分の量ではなく、回数とタイミングです。
    冒頭のクエスチョンの回答はもうおわかりだと思いますが、間食です。
    とくに夏休み期間中はお子さんの間食には気をつけたいもの。だらだらとお菓子を食べたり、糖分の多い清涼飲料水を頻繁に飲むことは避けましょう。スポーツドリンクも糖分が多いため、常時飲んでいるとむし歯のリスクが高まります。緑茶、紅茶、ウーロン茶は安心です。
    大人の方もそうですが、甘いものをどうしても食べたいというときは食事のすぐあとであればリスクは減ります。食後のデザートというのは理にかなっているといえます。
    そのほか、唾液の分泌を促すという意味ではシュガーレスガム(キシリトール100%のガム等)を食後に噛むことをお勧めします。ただし、ガムを噛むことは歯磨きの代わりにはならないので日々の丁寧な歯磨きもお忘れなく。
    一度むし歯になるとけっして元には戻りませんが、むし歯のごく初期の段階では唾液によって常に修復がなされているということは驚くばかりです。私たちのからだに備わっている大切なこの機能を大いに活用して、口腔内の健康を維持していきたいものです。

    中村歯科コラム:間食が虫歯リスクを高める
  • 歯を失わないためにぜひ禁煙を!

    歯と健康

    中村歯科コラム:喫煙は歯周病のリスクが高くなる

    成人男性の喫煙者は4人に1人

    喫煙に関して健康への弊害が周知徹底され、喫煙者は減少の一途を辿っています。統計(「2018年のJT全国喫煙者率調査」)によると成人男性の平均喫煙率は27.8%と4人に1人にまで減少してきており、50年前の昭和41年の83.7%と比べると50ポイント以上の差となっています。
    年代別でみると最も高いのは40歳代(35.5%)で、働き盛りの年代と喫煙率の高さは重なる傾向にあるようです。
    一方、成人女性については、喫煙率そのものは8.7%と低いのですが、ピーク時の18%からの減り方は緩慢で、ほぼ横ばいといえます。
    ただ、成人男性の喫煙率は大きく減少しているとはいえ、諸外国に比べると依然高く、喫煙者は推定で約1400万人といわれています。

    禁煙治療には保険が適応されます

    喫煙はその煙に含まれる約200種類の有害物質、約70種類の発がん物資などにより肺がんや心臓病、脳卒中などのリスクが高まることがわかっています。タバコの煙が最初に通過する器官である口腔内についてはその影響は深刻といえます。煙の害を直接受けてしまうほか、口腔粘膜を通し血液を介した間接的な影響も受けるためです。
    とくに注目していただきたいのは歯の喪失リスクです。厚生労働省の「喫煙と歯の喪失の関係調査」では9本以上歯を失うリスクは、たばこを吸わない人に比べて、1日21本以上の喫煙者は約2倍と報告されています。喫煙本数が多くなればなるほど、喫煙年数が長くなるほどこのリスクが高まることはいうまでもありません。
    これはニコチンの血管収縮作用によるところが大きく、歯肉上皮下の毛細血管の血流量が減少することでヘモグロビン量が減り、酸素も行き渡らなくなります。その結果、免疫力が落ちて歯周病の罹患率を高めてしまうのです。それだけでなく喫煙によって歯肉組織の線維芽細胞の増殖が抑制されるほか、コラーゲンもつくられにくくなるので深い歯周ポケットが形成され、歯周病が重度になりやすいことがわかっています。禁煙により歯周病の進行が早まり、かつ重度になりやすいため歯を失うリスクは必然的に高まるというわけです。
    また、炎症によって起こる歯肉からの出血が、喫煙者の場合は血流量の減少により逆に少なくなってしまうため、症状が現れにくく歯周病の発見や進行の自覚を遅らせるという悪条件も重なります。
    受動喫煙についても同様に歯周病のリスクを高めるほか、ご家族に喫煙者いるご家庭のお子さんに歯肉の色素沈着が起こりやすいことが報告されており、年齢とともにその色素沈着は広がります。
    ご家族の方は同居されている限りは受動喫煙からは逃れられません。周囲の人の健康も守るためにも喫煙されている方は一日でも早い禁煙に成功していただきたいと思います。
    現在、禁煙治療は一定の条件を満たした医療機関では保険適応となっていますので、禁煙で悩まれている方はぜひ受診されることをお勧めします。

    中村歯科コラム:禁煙治療には保険診療による医師への受診が可能
  • 予防歯科の最前線を担う歯科衛生士の仕事

    歯と健康

    中村歯科コラム:予防歯科を担う歯科衛生士の仕事

    ますます重視される予防歯科

    日本の歯科診療はこれまでの治療中心の医療から、スウェーデン型の予防歯科へとシフトしつつあります。というのも予防歯科の先進国であるスウェーデンでは高齢になってもほとんどの人が歯を失うことなく残っているのに対し、日本では80歳で平均13.7本の歯を失い、総義歯のお世話になる人が約半数にも及ぶという現状に直面しているからです。健康な歯を維持するためには悪くなってから治療するという発想では難しいことを物語っているといえます。
    個々の患者さんが抱える口腔内の問題を取り除くことで疾患を未然に防ぎ、日頃のケアによってお口の中の健康を維持していく予防歯科がいかに重要であるかがわかります。そうした予防歯科の最前線で活躍しているのが歯科衛生士の方々といえます。

    歯の清掃のスペシャリスト

    歯科衛生士さんというと、“歯石を取ってくれる人”という印象が強いと思いますが、患者さんのお口の中のクリーニングは歯科衛生士さんの重要な仕事の一つです。とくに専門的な技術と特殊な機械や器具によって行うPMTC (プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング )は歯科医師または歯科衛生士という、まさに歯面清掃のプロのみが担当することができます。
    PMTCでは歯の表面だけではなく、歯ブラシでは届きにくい歯間の汚れやむし歯菌の温床となるバイオフィルムを徹底して除去するだけでなく、歯の表面をツルツルにすることでバイオフィルをつきにくくします。気になるヤニ、茶渋も除去するので本来の歯の白さを取り戻すことができ、口臭予防にもなります。
    このPMTCは現在では健康保険が適応されますのでぜひ積極的に受診していただきたいと思います。クリーニングのためだけに歯科クリニックに通院されることに躊躇される方がいらっしゃるかもしれませんが、欧米では当たり前のことであり、ご自身の歯の寿命を伸ばすためには最も効果的で効率のよい方法だといえます。歯周病や虫歯も早期発見し対応できるので、結果的に治療にかかる時間や費用の節約になるのです。
    歯科衛生士はこうした歯科疾患の予防措置を担当するだけでなく、歯科医師の指示のもとに歯科診療の補助を行います。正しいブラッシング指導や食生活のアドバイスのほか、老人ホームなどへの訪問診療や企業での歯科保健指導など活躍する場は広がっています。
    歯のクリーニングを受けたあとはさっぱりとして爽快感がなんともいえません。これも小1時間にわたりお口の中の汚れと格闘して磨きあげてくれる歯科衛生士さんの心と技があってこそ。感謝するとともに、歯を大事にしなければという気持ちがますます強まること請け合いです。

    中村歯科コラム:予防歯科に活用する医療器具

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30