治療案内

入れ歯

上顎にアタッチメント使用した例

上の前歯はブリッジを装着し、奥歯は部分入れ歯を装着しました。
通常ですと、入れ歯の部分は金属のバネが見えてしますところですが、アタッチメントというバネに代わる装置を使用したことにより、審美的にも良好な結果となりました。


  • 初診時の状態
    上の前歯6本、下の前歯3本以外は欠損

  • ブリッジを装着
    左上の2番(写真の右から2番目)を抜歯した後、ブリッジを装着


  • 入れ歯を装着(下から見た写真・正面観)
    奥歯は部分入れ歯を選択しましたが、審美面を重視し金属のバネが見えない様、代わりにアタッチメント(バネに代わる装置)を装着

  • 正面観
    下顎はインプラントに磁石を取り付け、総入れ歯を装着

  • 装着時の口元

金属のバネがないバルプラストの入れ歯について

歯を何本か失った場合、部分入れ歯を用いて治療を行います。その際、金属のバネが見えてしまうなどの審美的な問題がありました。当院では、金属のバネを使わない入れ歯を用いることにより、入れ歯であることをわかりにくくし、審美的な問題を改善しました。


  • 初診時

  • 金属のバネが見えてしまいます

  • 処置後
    (バルプラストの入れ歯装着)

  • 金属のバネがなくなり口元がすっきりしました

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30