治療案内

予防歯科

歯は歯槽骨という骨によって支えられています(左下写真参照)。歯周病(歯槽膿漏)は、この歯槽骨(歯を支えている骨)が破壊される病気です。歯槽骨が破壊されれば、歯は徐々にぐらつきはじめ、最悪、歯を抜かなくてはならなくなってしまうのです(右下写真参照)。

  • 健康な歯槽骨の状態
  • 重度の歯周病を患った歯槽骨の状態

健康な歯槽骨の状態と比較して歯周病を患った歯槽骨の状態は、歯槽骨のレベルが全体的に下がっています。特に矢印の部分は、歯根の周囲の骨が失われており、歯がぐらぐらしている状態です。

ほとんどの方々は、歯を抜く一番の原因は虫歯とお思いでしょうが、虫歯であればおおかた詰め物や冠を被せるこ とによって治せるのです。しかし歯周病は、歯自体は健康であっても、あるいは虫歯の治療をしても、その後の手入れが悪ければ進行していくものなのです。例 えば「自分は差し歯にお金をかけたから大丈夫だ」とお思いの方がいますが、それは間違いです。差し歯を保険の材料で治そうが、保険外の材料で治そうが、歯周病の予防にはならないのです。
当院では、適切なブラッシング指導、スケーリング(歯石除去)、症状が進行した場合は簡単な手術などで可能な限り歯を抜かないように努めてまいります
また、治療が終了された後もご希望の患者さんに対しては定期的に来院していただき、PMTC(歯科医師、歯科衛生士など専門家による機械的歯面清掃の略)を実施し、治療終了時の状態を長く維持出来るよう努めてまいります。

歯を失ってしまった部分にはブリッジ・入れ歯・インプラント等、様々な治療方法がありますが、「物を噛む」という感覚を得るのは、ご自分の歯に勝るものはありません。
当院ではすでに何本か歯を失ってしまった方も、残りの歯を大事にしていただき、一生ご自分の歯で食べることが出来る為のお手伝いをしていきたいと考えております。

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30