治療案内

腸内環境を守るためにも口腔ケアを

歯と健康

飲み込んだ歯周病菌が腸まで届いて悪さをする

飲み込んだ歯周病菌が腸まで届いて悪さをする

歯周病と全身の健康との関連の研究が進み、口腔内だけの疾患に止まらず、全身疾患に影響を及ぼすことが明らかになってきています。これまでは歯周病菌や歯ぐきの炎症によってできた物質が歯ぐきの毛細血管から血流に乗って全身に散らばることが要因とされてきましたが、腔内の歯周病菌が食道から胃を通って腸内にたどり着いて腸内環境を乱すという研究結果が報告されました。
歯周病菌も腸に届く前に胃酸で殺菌されてしまうのでは?という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。確かにほとんどの菌は胃酸で死滅されるのですが、胃酸抑制薬を長期服用されている方やピロリ菌に感染している方、ストレスなどの要因で胃酸分泌が低下したり、さらには水を飲むと胃酸が薄まってしまうために、飲み込んだ細菌の3割程度は大腸まで届くということがわかってきました。

大腸がんとの関連性も

腸は“最大の免疫器官”とも呼ばれていて、外敵から私たちの身体を守る免疫細胞の約7割が腸に集中しています。歯周病菌が腸に到達すると外敵が来たと腸の免疫細胞が認識して、歯周病菌を一斉攻撃します。歯周病が進行すると、増殖した歯周病菌を唾液や食物などと一緒に毎日大量に飲み込むことになり、免疫細胞と歯周病菌との抗争も激化し、これが全身の臓器の炎症に、ひいては全身の疾患につながってしまうのです。とくに歯周病菌の中でも強い口臭を起こすことで知られる「フソバクテリウム」という菌は大腸がんの発症から増殖、転移というすべてのステージに関連していることが近年わかってきました。このことから、歯周病治療を適切に行うことで大腸がんの発がん予防や進行を抑制する可能性に期待がもたれています。
いずれにしろ、歯周病はそのまま放置してよいことは一つもなく、糖尿病をはじめ脳梗塞や心筋梗塞、誤嚥性肺炎などさまざまな全身疾患のリスクが高まります。日頃のケアは就寝前の歯磨きを重視してしっかり歯垢除去を行いましょう。定期的な歯科検診と歯石や歯垢の除去などクリーニングを受けることで全身の健康を守っていきたいものです。

大腸がんとの関連性も

24時間受付メールで診察予約

電話にて診察予約

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~19:30
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30