歯科コラム

歯科コラム

  • 食事も“噛みごたえ”が大事です

    歯と健康

    柔らかい食事の落とし穴

    「最近は歯ごたえのある人物が減ってきたなあ」なんて声を耳にしますが、歯ごたえといえば、毎日の食事についてはどうでしょうか。ハンバーグに卵料理、豆腐料理、麺類と柔らかい献立ばかりが思い浮かびます。
    確かに現代人は噛むことが億劫になりがちで、硬いものよりも柔らかいものを好む傾向にあります。しかし、そこに落とし穴があり、柔らかいものばかり食べていると噛むときに動かす咬合筋を使わなくなり、しだいに噛む力が弱くなってしまうのです。その結果、以前は噛めていた硬いものまで噛めなくなって、さらに柔らかいものばかりを食べるというるという負のスパイラルに落ち込んでしまいます。
    食生活が偏ってしまうことで食欲も減退、低栄養状態を招いて全身機能の低下につながります。とくにお年寄りの場合は噛むことによる中枢神経の刺激が減るため、アルツハイマー型認知症の発症率が高くなります。
    また、ある調査によると、65歳以上の比較的元気な方、2000人を対象に4年間の追跡調査したところ、口腔内の機能の衰えのある人の場合は、衰えのない人に比べて死亡のリスクが2倍になったという結果が出ています。

    食材は大きめに切ることがコツ

    噛む力は生きる力に直結しているということを踏まえて、日々の食事も“歯ごたえ”を意識したいものです。
    といっても難しいことではありません。食材の切り方を変えるだけでいいのです。たとえばキュウリなども薄く輪切りにするのではなく、ざっくりとした乱切りにするだけで噛む回数も2倍ほど違ってきます。噛む回数が多いということではそれだけ唾液も分泌され、消化吸収もされやすくなります。
    複数の食材を組み合わせることもポイントで、小松菜のおひたしなどにもキャベツにゴマなどを加えるだけでも噛む力がアップします。脳が違う食材があることをキャッチして噛むことを意識させてくれるからです。
    噛み切りにくく、飲み込むまでに時間がかかる切り干し大根などの乾物や油揚げなどもお勧めの食材です。
    お肉は挽肉や薄切りではなく、厚みのあるものがお薦めです。
    暑い季節はとくに麺類が多くなりがちですが、噛みごたえのある1品を加えることでお口の機能低下の予防になります。その際、水やお茶、スープなどで流し込まず、きるだけよく噛んで飲み込むことを忘れないようにしてください。
    お料理を作る側としてはどうしても“食べやすさ”を考慮しがちですが、そのやさしさが噛む機能の低下を招きます。少々食べにくいくらいのお食事で大丈夫。日々、“歯ごたえ”のある食事を意識して健康維持に努めましょう。

  • 第3の疾患、“酸蝕歯(さんしょくし)”とは?

    歯と健康

    4人に1人が酸蝕歯?!

    人間の体の中でもっとも硬い組織は? それは歯の表面を覆うエナメル質で、象牙質と歯髄を守っています。厚さは2〜3㎜と非常に薄い層ですが、鉄やガラスよりも硬く、ナイフでも傷をつけることが難しいほどです。
    これほど硬いエナメル質ですが、弱点はあって酸に弱いことです。ミュータンス菌などむし歯菌が作り出す酸によってむし歯になることはご存じの通りです。
    最近はむし歯菌だけではなく、酸性の飲食物によって歯のエナメル質が損傷することがわかってきました。普段なにげなく口にしている炭酸飲料をはじめ、フルーツジュース、黒酢、スポーツドリンク、栄養ドリンク、ワイン、ビール、日本酒のほか、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や酢飯、梅干し、ドレッシングなど酸性の飲食物が原因となります。
    普通、飲食後は唾液によって中和され、口腔内は中性に近い弱酸性に落ち着きますが、酸性の飲み物や食べ物をだらだらと摂取し続けると、歯が酸に触れている時間が長くなり、エナメル質が溶け出してしまうのです。こうした飲食物の酸によってエナメル質が溶け出すことを酸蝕症(さんしょくしょう)といい、そうした歯を酸蝕歯(さんしょくし)といいます。ある調査によると健康な歯だと思っていた人の4人に1人の割合でみつかったという報告もあり、むし歯、歯周病に次ぐ第3の疾患ともいわれています。

    酸蝕症は日々、少しずつ溶け出すために気がつかずに進行することが特徴で、「冷たいものがしみる」「歯のツヤがなくなってきた」「歯が黄ばんできた(象牙質の黄色い色が透けて見えるため)」などに思い当たれば、酸蝕症が進んでいる可能性があります。さらに酸蝕症が進行すると象牙質がむき出しになるため、知覚過敏が強くなったり、歯の黄ばみが強くなったり、詰め物が取れたりします。酸蝕症の予防するにはどうしたらよいでしょう。

    エナメル質にやさしい生活習慣を

    酸蝕歯の予防は酸性の飲食物を摂取するときにはできるだけ短時間ですませ、そのあとうがいをして洗い流しておくことです。酸性の飲み物はストローで飲むなど、歯になるべく接触させない方法もあります。 歯磨きは飲食後すぐではなく、30分以上おいて、唾液によって口腔内が中和されてから行います。強い酸性にさらされるとエナメル質は軟らかくなり、そのときに歯磨きをすると傷つけるおそれがあるからです。歯ブラシは柔らかめのものを選び、軽くマッサージするようにブラッシングします。
    酸触歯は口腔内全体で進行するため、虫歯よりも深刻だといえ、早めの受診が肝心です。治療は再石灰化を促す薬剤によってエナメル質を強化するほか、歯の表面の凹凸や隙間ができてしまった場合は詰め物によって治療します。
    夏場は飲み物を摂る機会も増えるので要注意です。エナメル質は口腔内のph(ペーハー)が5.5以下になると溶け出すといわれており、エナメル質に安全なpH(ペーハー)6以上の飲み物はウーロン茶、緑茶、水道水、ミネラル水、牛乳などです。紅茶の場合はレモンティー(ph3.9)ではなく、砂糖なしのミルクティー(ph6.8)が歯には安心といえます。
    いつまでも白く輝く歯でいるためにも、エナメル質にやさしい生活を習慣づけたいものです。

    ※ph(ペーハー)は7が中性でそれ以上はアルカリ性、それ以下は酸性を示します。

  • 縁の下の力持ち、唾液の不思議パワー

    歯と健康

    colum_1805_01

    むし歯予防に唾液の力

    むし歯や歯周病予防に欠かせないものとして、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診があげられます。そしてもう一つ、忘れてはならないのが唾液の存在です。日頃からお世話になっていながらあまり気にとめることのない存在ですが、じつは私たちの気づかない部分でむし歯予防をはじめ、私たちの健康を支えてくれています。
    唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれていて、でんぷんを分解する働きがあり、消化を助けていることは皆さん、ご存じの通りですが、唾液のもつ作用はそれだけはないことがわかってきました。
    食後の口の中は酸性に傾いているため、むし歯になりやすい状態にあります。それは歯の表面を覆うエナメル質は酸性に弱く、pH5.5以下になると溶解し始めるからです。歯が溶けることを脱灰といいますが、脱灰が続くとついにはエナメル質の歯に穴が開いて、いわゆる初期段階のむし歯となります。
    ただ、このときにすぐにむし歯にならないのは唾液に口の中の酸性中和させる働きがあるためです。それだけでなく、初期の微細なむし歯であれば、唾液の中に含まれるカルシウムやリンなどが歯の表面に取り込まれる“再石灰化”という現象が起き、エナメル質の表面を修復してくれます。
    唾液は口の中を洗い流して衛生的に保つだけでなく、歯の再石灰化を促すなど、普段から歯を守ってくれているのです。

    よく噛めばアンチエイジング効果も倍増

    唾液の中にはまだまだ有用な成分が含まれていることが報告されています。 “若返りのホルモン”のパロチンや、EGF(上皮成長因子)とよばれるたんぱく質などもそうです。EGFは皮膚の若返り作用があるというので、 最近ではEGF配合の化粧品が開発されているほどです。
    そのほか、“天然の抗生物質”と呼ばれるタンパク質やがん予防の酵素も含まれていて、さまざまな病原菌の感染やがんから私たちを守ってくれている大切な存在といえます。
    唾液は頬やあごの内側にある唾液腺から分泌されますが、噛むという刺激で分泌が促されます。ですから、食事を抜いたり、よく噛まなかったりすると唾液がよく分泌されません。また、ストレスなどによって交感神経が優位になると唾液の分泌が低下します。
    ですから、ストレスはできるだけためないようにして、三食をきちんとよく噛んで食べることが大切だといえます。むし歯予防、歯周病予防になることはもちろん、病気知らずで若々しい人生を過ごすことができるでしょう。

    colum_1805_02
  • 噛むことは健康の源

    歯と健康

    食べることは生きていくうえで基本的なことであり、お腹を満たすことは心が満たされることでもあり、人生の幸福感の源でもあるといえます。その幸福を支えているのが歯であり、“噛む”という日常、当たり前のようにしている動作だといえます。よく調べると、噛むということは実に奥深く、心身ともに健康であるために意味のあることだということが再確認できます。

    噛むことで脳を刺激し、活性化します

    “噛む”という動作は、あごの関節の筋肉をはじめ舌や頬、唇、喉などたくさんの筋肉が協調して行われる一連の運動です。このときの脳の働きを調べると、脳の運動野や感覚野、視床、小脳、口やあごからの情報が伝達される部位などに広い範囲が活性化していることがわかります。噛むという動作は大きな動作ではありませんが、脳の広い範囲を刺激し、活性化しくれ働きは大きいといえます。

    認知症予防にも期待

    私たちの記憶をつかさどる脳の部位に海馬とよばれる部位がありますが、加齢とともにしだいに萎縮するといわれています。しかし、よく噛むことで海馬の神経細胞の数が回復し、活性化が増強されることがわかってきました。そのため、噛むことによる認知症予防にその改善に大きな期待がもたれています。
    噛むといえば、大リーグの野球選手が試合中にガムを噛んだり、ときにはぷーっと膨らませたりする姿を見うけられます。不謹慎と思われる方もいるかもしれませんが、スポーツ選手が試合中にガムを噛むのは理由があってのことです。噛むというリズミカルな刺激が脳への血流を促し、緊張感を和らげてくれるのです。さらに判断力や集中力が増し、心拍数も上がり過ぎず安定にするのだそうです。ここ一番でガチガチに緊張して失敗したりしないよう、その選手なりの工夫といえます。

    やる気スイッチもオンに

    このように噛むことにはストレスを緩和すると同時に集中力をまし、やる気スイッチをオンにしてくれる働きがあります。
    最近の研究では食事をする前にガムをよく噛むと内臓脂肪のほか皮下脂肪が減少し、体重が減ることが実験でも確かめられています。さらに内臓脂肪から分泌される善玉物質が増え、悪玉物質が減りました。そのほか血糖値の上昇がゆるやかになり、摂取エネルギーが減るということも報告されています。
    よく噛んで食べることは満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを抑える効果もあります。
    このように噛むことは生活習慣病の予防にもなり、しかもお金も一切かからないダイエット法にもなるなど、いいことづくめなのです。
    今日から、食事は急がずゆっくりと、よく噛んで味わって食べることから始めましょう。

  • 歯周病とインプラント

    歯周病のこと

    若年層にまで感染が拡大する歯周病

    歯周病は30代以上の人の約8割がかかっているといういわば、国民病ともいえる病気です。最近では小学生の約4割が歯周病に罹患しているという調査報告 (厚生労働省平成23年歯科疾患実態調査、歯肉に所見のある者の割合)もあり、いまや中高年だけでなく、若年層にまで感染が拡大している病気といえます。
    身近な病気であるだけに、それほど深刻に受け止めない方も多いかもしれませんが、歯周病はむし歯とともに日本人の歯を失う2大原因となっている怖い病気なのです。

    “歯周病は万病のもと”!?

    歯周病はむし歯とは違って、歯そのものの病気ではなく、歯肉や歯槽骨といった歯周組織が細菌によっておかされる感染症です。その原因となるのが細菌の塊であるプラークです。プラークとは歯の表面についている白いネバネバしたもので、歯周病はこのプラーク中の歯周病菌が歯肉を攻撃することから始まります。生体側では白血球による防御反応が起こり、歯肉が赤く腫れたり、出血を起こしたりします。歯周病菌は歯肉と歯の隙間に入り込んで歯周ポケット(歯と歯肉の間にできる隙間)を形成します。歯周病菌は奥へ奥へと入り込んで酸や毒素を出して歯周組織を破壊するため、歯周ポケットはしだいに深くなっていきます。同時に、歯周病菌の出す毒素は破骨細胞を活性化させて歯の土台となる歯槽骨を溶かしていくのです。症状がさらに進むと、歯がぐらぐらになっていき、最終的には抜歯をせざるを得なくなってしまいます。
    歯周病は “サイレントディジーズ(沈黙の病気)”ともいわれ、自覚されにくいという点でも怖い病気といえます。
    最近は、歯周病は口腔内だけに止まらず、全身の健康に深く関係していることもわかってきました。歯周病菌や炎症物質が歯周組織の血管を通して全身に運ばれるためで、心臓病や脳梗塞のリスクを高めたり、糖尿病を悪化させるほか、誤嚥性肺炎、低体重児出産・早産などの原因にもなるといわれています。さらには骨粗しょう症、腎炎、関節炎、発熱、肥満などとの関連も疑われており、まさに“歯周病は万病のもと”といっても過言ではありません。

    “インプラント周囲炎”の対策は万全に

    現在は歯を失った方のためにインプラント治療が確立されているのはご承知の通りです。すでに多くの方がインプラント手術をされて快適な生活を送られていますが、忘れてならないのは定期的な検診とクリーニングです。というのも口腔ケアを怠ると天然歯を失った時と同様に、“インプラント周囲炎”という疾患にかかるおそれがあり、悪化するとせっかくのインプラントを失ってしまう心配があるからです。
    インプラント手術が成功し快適に噛めるようになると安心されて、定期検診などがおろそかになってしまわれる方がいらっしゃいますが、歯科医院とのほんとうのおつきあいはここからです。インプラントをされたなら、私たちといっしょにタッグを組んで本気の歯周病対策を始めましょう。

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30