治療案内

歯と健康

  • 歯ブラシだけでは汚れの6割しか落とせない

    歯と健康

    中村歯科コラム:「糸ようじ」誕生秘話

    「糸ようじ」誕生秘話

    デンタルフロスはいまや、オーラルケアの必需品ともいえる存在ですが、もともと日本にはなじみのないものでした。初登場は1987年で歯ブラシメーカーではなく、医薬品や芳香剤等で有名な小林製薬が手がけたという点で意外性があります。当時、商品開発担当の社員が、新幹線に乗り合わせた外国の女性が、人目をはばかる様子でデンタルフロスを使っているところを目撃したのがきっかけでした。
    「あれはなんだ?」となりすぐに取り寄せて研究開発し、日本の爪楊枝の延長として違和感なく使えるようにと商品化に苦労して誕生したのが、その名も「糸ようじ」。柄の先が二股に分かれ、そこにフロスが張られたタイプです。その後は他社メーカーからもロール(巻き取り)タイプも発売され、フロスにミント味がついたり、ワックス加工がされて狭い歯間にも入りやすくなっていたり、あるいは唾液でフロスが膨らんで歯垢を効率よく除去できる等等、各社さまざまな工夫が施され進化しています。

    デンタルフロス併用で除去率1.5倍アップ

    歯垢(プラーク)がむし歯や歯周病の原因になることはご存じの通りですが、歯垢が付着しやすいところは歯と歯の間をはじめ、奥歯の噛み合わせの面、歯と歯ぐきの境目、抜けた歯の周囲、隣合う歯が重なり合った部分等です。歯垢はネバネバしていてうがいでは落ちず、歯ブラシでしっかりと取り除く必要がありますが、歯垢が着きやすい場所は歯ブラシが届きにくいところが多く、磨き残しとなってしまうのです。
    こうした歯ブラシだけでは落とせない汚れに対応するのがデンタルフロスです。歯間部の歯垢の除去率を比べると歯ブラシだけでは58%だったのが、歯ブラシにデンタルフロスを併用することで86%に、じつに1.5倍にアップしたという報告があります。
    その使い方は歯面に沿って、のこぎりの刃を引くようにゆっくり動かしながら歯間を通したら、歯に巻き付けるようにフロスを当てて、フロスを上下させて歯の側面をこすります。さらに歯と歯ぐきの間のミゾ、つまり歯周ポケットの中1〜2㎜程度のところまで入れて2〜3回こすることで汚れがしっかり取れます。歯周ポケットをきれいに掃除しておくことで歯周病予防となります。
    歯垢が石灰化したものが歯石ですが、歯石のつきやすい場所は下の前歯の裏側、上の奥歯の外側と唾液腺の近くにある歯につきやすい傾向があります。前歯の裏側についてもデンタルフロスで歯と歯肉の境目をしっかりお掃除すると歯石がつかなくなります。上の奥歯の外側も歯ブラシが届きにくいので意識してブラッシングすることをお薦めします。こうしたご自宅でのケアに、3か月に1度の歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けることで口腔内の健康維持に努めましょう。

    中村歯科コラム:デンタルフロス併用で除去率1.5倍アップ
  • 噛み合わせが運動パフォーマンスを左右する

    歯と健康

    中村歯科コラム:噛み締め効果で筋力アップ

    噛み締め効果で筋力アップ

    オリンピックの開催が7月23日と目前に迫っていますが、今回はオリンピックでも活躍が期待される運動選手と歯との切っても切れない関係について注目したいと思います。
    スポーツのパファオーマンス向上には集中力やバランス感覚、筋力アップや柔軟性などさまざまに考えられますが、しっかりと噛めるか噛めないかということがたいへん重要であることがわかってきました。
    重いものを持ち上げようとするときや固く閉まった瓶の蓋を開けようとするときなど、知らず知らずのうちに歯を食いしばっていませんか?歯を食いしばるとなぜ大きな力が出せるのでしょうか。
    これは上の下の歯が噛み合ったときに“噛んだ”という刺激が脳の「運動野」(運動のコントロールに関与する領域)に伝達され、身体を動かすための骨格筋などの反応や動きに影響を与えるためだといわれています。実際に重量挙げには“噛み締め効果”があると指摘されています。
    ラグビーのタックルの瞬間や野球でのバッティングの時にも選手は奥歯を噛み締めています。元巨人の王貞治選手の奥歯がボロボロになっていたという話は有名ですが、王選手のバッティングのときの歯にかかる力は90kgを超えていたと言われます。奥歯の咬合圧は平均で50~70kgといわれており、王選手の咬合圧がいかにすごかったかがわかります。王選手の大記録の秘密はその咬合圧を支えた頑丈なあごにあったともいえるのではないでしょうか。
    陸上の100m走でもスタートから地面を強く蹴って加速するまではぐっと奥歯を噛んで体のぶれを防ぎますが、いったんスピードに乗れば、ゴールまで力を抜いた走りで加速させます。実際にカール・ルイスは100m走の途中で舌が出てしまうくらいにリラックスした走りであり、ウサイン・ボルト選手も終盤は口を開け気味で余分な力が抜けていました。
    いずれにしろ、噛み合わせが正しくなければ筋力アップや運動パフォーマンスの向上にはつながらないといえ、そのために一流選手になればなるほど噛み合わせはもちろん、歯と歯肉の健康には気をつけているといえます。

    マウスピースを毎試合新調する村田選手

    ボクサーの村田諒太選手もその1人で、試合前には毎回マウスピースを作り直すそうです。高校時代に合わないマウスピースで試合に出場して勝てるはずの相手に危うく負けそうになった経験があり、それ以来、マウスピースへの配慮はもちろん、歯の大切にも目覚めて歯科にもよく通って口腔内のチェックを怠りません。
    一般人はアスリートのように記録や勝敗といったことはありませんが、あごの関節などからだに負担がかからず、効率よく咀嚼できる噛み合わせが理想であることにはかわりはありません。気になる方はぜひ一度、歯科医に相談してアドバイスを受けてみることをお薦めします。

    マウスピースを毎試合新調する村田選手
  • 防災袋に歯ブラシ、液体歯磨きを

    歯と健康

    中村歯科コラム:災害と肺炎の意外な関係

    災害と肺炎の意外な関係

    東日本大震災から10年が経ち、この7月には復興五輪の開催が予定されています。日本は地震ばかりでなく台風や豪雨なども多く、さらには世界的な異常気象による影響もあり、今後も防災意識を高める必要があるといえます。
    とくに災害時はおいては食料や飲み水の確保が最優先となり、衛生管理にまでなかなか手が回らないという状況になります。避難所などで歯磨きや入れ歯の清掃などが普段のようにできなくなるために口腔衛生状態が悪化しやすく、とくに高齢者の場合は誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。「誤嚥性肺炎」とは口の中の細菌が食べ物や唾液といっしょに気管に入り込み、肺の中で繁殖して炎症を起こす病気です。肺炎は日本人の死因第3位であり、高齢者の肺炎の多くは誤嚥性肺炎といわれています。
    災害時の口腔ケアが重要視されるようになったのは1995年の阪神淡路大震災で生じた災害関連死(約900人)の約4分の1が肺炎によるもので、そのほとんどが誤嚥性肺炎と考えられたことからです。徹底した口腔ケアによる肺炎予防が災害時の重要課題とされました。災害関連死とは建物の倒壊など災害の直接的な被害によって亡くなるのではなく、その後の避難所生活等で病気になってしまったり持病の悪化など間接的な原因で亡くなることをいいます。
    災害で命が助かっても、その後の口腔ケアが行き届かないために命を落とすということが起こりうるということで、口腔ケアの徹底が強く認識させられたのでした。

    普段から使い慣れたものを

    私たちも非常用持ち出し袋の中身を今一度点検し、口腔ケア用品も充分に入れておきたいものです。とくに水を使わずに口の中を清潔に保つことができる液体歯磨きは役立ちます。液体のオーラルケア商品には洗口液(歯ブラシ後に使う)と液体歯磨き(歯ブラシする際に使う)とがあり、どちらも口の中に入れてぶくぶくとゆすぐものですが、歯磨き剤のかわりになるのは液体歯磨きの方です。使い方はお口に含んですすいだ後にブラッシングし、終わった後にゆすぐ必要はありません。一般的にはデンタルリンスと呼ばれる商品ですが、メーカーによって定義が異なることがあるので、パッケージを確認し「液体歯磨き」と記載されているものを選ぶとよいでしょう。刺激が少なく、水で薄めずに使えるものがお薦めです。
    口腔ケア用ウェットティッシュもうがいができない災害時には重宝します。指に巻き付けて口の中の汚れを拭き取るものですが、アルコール過敏症の方にも心配のないノンアルコールタイプが使いやすいといえます。
    コロナ禍ということもありマスク、ウェットティッシュ、手指消毒液・除菌シートやスプレー、体温計などを防災袋に加える人は多いそうですが、ぜひ歯ブラシと一緒に液体ハミガキ、歯間ブラシやデンタルフロスなど普段から使い慣れたものも忘れずに備えておいていただきたいものです。
    誤嚥性肺炎は災害時だけに起こるわけではありません。歯周病やむし歯も同様に普段からの歯やお口の中の手入れを欠かさず、口腔内の衛生に努めることが大切です。

    中村歯科コラム:普段から使い慣れたものを
  • 睡眠時無呼吸症候群に行われる歯科的治療とは

    歯と健康

    中村歯科コラム:起床時に口の中が乾いていませんか

    起床時に口の中が乾いていませんか

    いびきで迷惑した経験というのはだれしもお持ちだと思いますが、いびきをしている本人もじつはからだには負担がかかっているので要注意なのです。いびきをしているかは本人では気づかないのでやっかいなのですが、起きた時に口の中が乾いているという場合は口呼吸をしていたためであり、いびきが疑われます。鼻呼吸ではいびきになることはないからです。
    いびきの原因は喉の奥の上気道が狭くなり、その狭くなった気道を呼吸のたびに空気が出入りするために周囲の粘膜が振動して起こります。就寝時は舌や喉の周りの筋肉が緩むため気道が狭くなりやすいのです。いびきで注意が必要なのは睡眠時無呼吸症候群(SAS)を伴う場合が多いからです。
    「無呼吸」とは睡眠中呼吸が止まっている時間が10秒以上の場合で、無呼吸ではないが今にも止まりそうな弱い呼吸を「低呼吸」とし、1時間あたりの平均の無呼吸と低呼吸の回数が5回以上(5未満は正常)で日中の眠気や倦怠感などの症状を伴う場合、「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)と診断されます。検査は鼻の呼吸センサーで睡眠中の呼吸状態を、指先に装着するセンサーで血中酸素飽和度や脈拍数などを計測し、睡眠の質を検査します。
    無呼吸のときの状態は、酸素濃度が下がり呼吸不全になったときと同じでからだが非常事態となり、心拍数や血圧を上げて体中に十分な酸素を供給しようとします。これは日中に運動をしているような状態といえ、この非常事態を毎晩、1時間に何回も、何十年も繰り返すことで心臓への負担が蓄積し、高血圧や虚血性心疾患、不整脈、脳血管障害、大動脈解離などの循環器病や糖尿病のリスクを高めることが報告されています。本来、からだを休めるべき就寝時に病気がつくられるということから、最近はこのSASを循環器病として捉え、積極的な治療と研究が行われるようになってきました。

    マウスピースの装用でいびきの緩和

    治療法にはCPAP装置を用いて空気圧で狭くなった気道を広げる療法が一般的ですが、歯科的な治療としてマウスピースを使った治療法があります。マウスピースの装用により下顎を前に出すことで舌根を引き上げて気道の閉塞を抑制しいびきやSASを緩和します。下顎の位置をずらすために違和感や痛みを覚える場合もいるので、前に出す位置の調整しながらご自身でも少しずつ慣れていく必要があります。CPAP療法に比べて特別な装置も必要なく手軽にでき、旅行などにも携帯できるというメリットがあります。
    日本人は欧米人のような高度の肥満体型は少ないのですが、あごがきゃしゃなことが原因となることがあり、日本人のSASの患者さんの約30%はあごが小さいことが原因とも言われています。
    現在はいびき外来や睡眠外来など受診窓口も増えていますので、ご家族にいびきや無呼吸といわれた方はぜひ一度ご相談されることをお薦めします。

    中村歯科コラム:マウスピースの装用でいびきの緩和
  • テレワーク中に気をつけたいこと

    歯と健康

    中村歯科コラム:増えている歯列接触癖

    増えている歯列接触癖

    この時期、コロナの影響によりご自宅でテレワークをされている方も増えていると思います。職場の環境とは変わるためなにかと不便を感じたり、イライラされることも多いのではないでしょうか。そうしたことから肩や首が凝ったり、あるいはパソコンの画面を見ながら無意識に上下の歯を噛み合わせていたりということはいないでしょうか。最近、増えているのが歯列接触癖(TCH=tooth contacting habit)という症状で、不必要に上下の歯を噛み合わせてしまう習慣のことをいいます。強い力ではありませんが長時間続くと身体にさまざまな悪影響を与えるリスクがあるのです。
    上下の歯は食事の時以外は1~3mm程度のすき間が開いているのが普通です。1日で上下の歯が閉じている時間というのは飲食のときと話す時でわずか20分以下に過ぎません。
    TCHは昔であればキーパンチャーなどの職業の方にみられたそうですが、現在はパソコンに向かっている時に発生しやすいということです。TCHになると知覚過敏になったり、歯周病の悪化につながるほか、頭痛や肩こりの原因になる場合もあります。顎関節やその周囲の筋肉に負担がかかり、顎関節症を招く恐れもあるので注意したいものです。
    TCHとわかれば歯科医院でマウスピースを作製してもらい就寝時に装着することで歯への負担を軽減できます。ただ、モニターの隅に「歯を離そう!」とメモ紙を貼り付けて、ご自身で意識するだけでもずいぶんと違ってきます。1時間仕事をしたら10分休憩を取り、軽く体を動かしたりストレッチなどをして緊張感を解放するとさらによいでしょう。

    テレワーク中の間食はむし歯の原因に

    テレワークでもう一つ気をつけたいのは間食をしがちになるということです。頭を働かせよういうときには甘いものをとりたくなりますが、むし歯や歯周病のリスクを高める原因になるので要注意です。食事をしたときは口に中が酸性に傾いて歯の表面のエナメル質が溶けやすい状態になります。これを脱灰と言いますが、食後は唾液による中和作用により、弱アルカリ性に戻り、いったん溶け出したカルシウムが再び歯の表面に戻ります。これを再石灰化といってむし歯になることを防いでいます。しかし、間食をすると再石灰化される前に口の中が酸性になるため脱灰が起こってしまい、歯を修復する機会が失われてしまうのです。そのため、むし歯になるリスクが高まると同時に歯周病の原因菌を増殖させて歯周病を悪化させかねません。
    テレワークではこうした間食のほか、お弁当などを食べながらのオンラインの打ち合わせなどだらだらと飲食したり、食事後の歯ブラシなどをつい怠りがちになったりしますが、こうした間食やだらだら飲食を切り上げる方法として、歯磨きを丁寧にするのが効果的です。口の中をすっきりと磨くとスナック菓子や甘い飲み物などを再び口の中にする気持ちがなくなり、間食防止と口腔ケアと一石二鳥だといえます。
    食事の時間をしっかりと決め、歯磨きを行うことで間食の誘惑にも打ち勝って、健康な歯と歯ぐきで在宅ワークを快適に過ごしたいものです。

    中村歯科コラム:テレワーク中の間食はむし歯の原因に

24時間受付メールで診察予約

電話にて診察予約

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30