歯科コラム

咀嚼するだけではありません。歯の意外な役割に注目!

歯と健康

colum_1902_01

犬歯はあごの位置決めにも貢献する

私たちの健康にとって歯がとても大切な働きをしていることは皆さんよくご存知の通りです。食べ物を咀嚼して消化を助けるということです。ただ、歯の役割はそれだけではありません。
とくに犬歯はほかの歯にはない特別な役割を担っています。その形からして先が尖っていて鋭く、異彩を放っていますが、犬歯は分類、前歯に含まれます。その位置がちょうど前歯と奥歯の境界(分岐点)にあることから、上あごと下あごが正しく噛み合うようにガイドする働きをしています。噛み合わせのズレなども犬歯によって常に正しい位置に誘導されて正しい位置に戻すことができるというわけです。
実際に口を閉じた状態で下あごを左右にずらしてみてください。両側の犬歯当たってそれ以上ずらすことはできないはずです。同時に犬歯が当たることで、奥歯や前歯は浮いて離れるので接触することはありません。じつはこの状態が犬歯の重要な働きを物語っています。
じつは奥歯などは歯ぎしりのような横に揺さぶられる動きには弱いのですが、犬歯がそうした横からの力を受け止めることで、奥歯や前歯を守っているのです。犬歯の歯根は永久歯の中でも最も長く、頑丈にできているので横からの力にも強く、縁の下の力持ち的な存在だといえます。
こうした重要な働きをする犬歯がなくなると、噛み合わせの位置が定まらなくなるばかりでなく、下あごの位置が不安定になってしまいます。

犬歯を失った場合はインプラントがお勧め

犬歯は審美的にも重要な歯で、犬歯の尖った形が歯列にアクセントを加えています。もし犬歯がなければ、歯列が平板な印象となり、口元の美しさは半減してしまうでしょう。
万が一、むし歯や歯周病などで犬歯を失った場合にはそのまま放置せず、ブリッジや部分入れ歯、インプラントなどですぐに補完しておくことが大切です。このことは犬歯に限ったことではありませんが、とくに犬歯の場合は下あごの位置決めや横揺れのストッパー役など負担が多くかかる歯なので、人工歯根のあるインプラントがお勧めだといえます。と言うのは、インプラントは人工歯根により隣接する歯のお世話にならずとも自立するので、周囲の歯にダメージを与えず歯の寿命を伸ばすことに貢献するからです。
インプラントは見た目も自然で美しい仕上がりとなるため、審美的な面からもお勧めだといえます。

colum_1902_03

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30