治療案内

笑気吸入鎮静法

多くの人が歯科治療は、「怖い・嫌い」と思っています。そのため、長い間虫歯、歯周病などを放置してしまい、口腔内がぼろぼろになってしまった人がいます。
歯科治療の恐怖心をなくす為の方法として、笑気吸入鎮静法があります。
笑気吸入鎮静法とは、笑気吸入装置で30%以下の笑気ガスと、70%以上の酸素を配合し、鼻に専用のマスクを取り付け、鼻からゆっくり呼吸して、麻酔をかける方法です。

それによって、

  • 身体が温かくなったような気がする
  • ぼーっとしてきた
  • 手足の先が痺れたような気がする
  • お酒を飲んだときのほろ酔い気分になる

等、患者さんによって言い方の違いはありますが、リラックスした状態で治療を受けることが出来ます。

どんな方に適用されるのか

  • 歯の治療に不安感、恐怖心、不快感を抱いている方
  • 長時間の治療に対してストレスの大きい方
  • 神経質な方
  • 有病者(心疾患、高血圧、様々なショック既往歴を持つ方)など、治療中のストレスを軽減すべき方
  • 嘔吐反射を認める方

使用方法

  • 鼻マスクを鼻にあてます。
  • 笑気(亜酸化窒素)ガス20~30%、酸素80~70%の混合ガスを出し、鼻だけで呼吸させます。
  • 数分間で効果が現れるので、治療を開始します。
  • 治療終了後、ガスを止め、鼻マスクを取って、100%酸素で数分間呼吸後、自然呼吸させます。
  • 笑気の作用が抜けたのを、確認できれば終わりです。
  • すぐに正常な状態に戻るので、自分で歩いて診療室から出ることができます。
  • 中には、少しフラフラする子どももいますが、待合室で数分間休憩すれば足取りは、しっかりします。

一般の歯科治療で用いるのは笑気麻酔(全身麻酔)ではなく、笑気吸入鎮静法ですので意識を失ったり眠ってしまうことはありません。したがって治療によっては、局所麻酔を併用する必要があります。
笑気鎮静法を歯科治療に用いることは健康保健で認められていますので、保険外の費用が生じることはありません。

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30