治療案内

資産価値を目減りさせないために

歯と健康

歯一本のお値段は?

歯一本のお値段は?

金融の記事のようなタイトルですが、もし仮に一本の歯に資産価値をつけるとしたらどれくらいになるか、考えてみようというのが今回のテーマです。
交通事故で歯を失ってしまった場合の賠償請求額は一本80万から120万円という判例があります。歯の本数は親知らずを除くと28本になるので、合計すると2,240万〜3,360万円ということになります。お口の中に家が買えるほどの資産があると聞くとびっくりしますが、一般財団法人日本予防医学協会では“歯一本の価値について”各方面に聞いて調べています。歯科医師からは一本104万円という回答が得られ、この中には噛み合わせや歯並びを揃える費用等も含まれているそうです。お口の中全体では28本分で2,912万円と、前述した賠償請求額に近いものになります。
「いやいや、歯の資産価値はそんな安いものではないよ」というのがアメリカの一般的な人の回答で、歯一本は500万円の価値があるとしています。28本では1億4,000万円とかなりの高額です。
一方、気になる日本人の回答ですが、歯一本は約35万とかなり低い額となっています。この差はどこから来るのか興味深いところですが、健康保険制度によって治療費の負担が原則3割で済む日本に比べて、全額自己負担のアメリカでは気軽に治療は受けられないという背景があるのかもしれません。実際の歯の治療費も日本の5~10倍と跳ね上がるので歯そのものの価値もより高いものと認識されるのかもしれません。実際に虫歯の治療に20~30万円とかかるそうなので、できるだけ歯科医院の御世話にならないよう口腔ケアには熱心にならざるを得ないということに納得がいきます。その結果、治療から予防へという意識の転換が自然となされていることがわかります。

予防に軸足をおいて

日本の場合は国民皆保険制度によっていつでも安価に治療が受けられるという安心感からか、予防重視へと舵が切れないでいるのが現状かもしれません。
歯という資産は日頃のメンテナンスが悪いとその価値が目減りしていき、最悪の場合は資産ゼロにもなりかねません。ただ、この資産を維持することは難しいことではなく、地道なホームケアと定期的なプロのケア(歯科クリニックでの定期検診とメンテナンス)の両輪で進めていけばよいのです。むし歯や歯周病が重症化して治療するよりも、よほど経済的にも身体的にも負担がかかりません。
いずれにしろ、歯は私たちの健康を支えるうえで大切な役割を果たしており、一度失うとお金では取り戻すことはできないかけがえのない存在です。症状が出てから治療するのではなく、とくに問題がないときにこそ予防に取り組むという発想の転換が大切だといえます。

予防に軸足をおいて

24時間受付メールで診察予約

電話にて診察予約

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30