治療案内

身近な飲み物で口臭対策

歯と健康

中村歯科コラム:口臭が気になる女性

口臭が強いのは男性、女性?!

さきごろ発表された『口臭白書2019年』(歯科医療機器商社モリタ及び歯科医師からなる研究グループ「ブレス・ハザード・プロジェクト」編纂)では口腔内の悩みについて全国4,700人にアンケート調査を行っています。それによるとほぼ9割が口臭について「気になった経験がある」と答えており、とくに男性は口腔内の悩みの第1位に「口臭がある」が堂々のラインクイン、女性の場合は「歯の黄ばみ」「歯石がある」に次いで「口臭がある」は第3位で、「歯並びが悪い」が5位に入るなど審美的な悩みのウエイトが大きいようです。
さらに20代~60代の男女214人を対象に生体ガス測定器を用いて実際に口臭を測定しています。ほとんどニオイを感じないという基準値を越えてニオイがあった人の比率は男性8.3%に対して女性が17.9%と女性に方が男性の2倍以上にものぼりました。この結果はこれまでの“口臭がきついのは男性”というイメージをくつがえすものとなっています。
この結果の背景には女性特有の理由があるようです。それは女性ホルモンを好む歯周病菌「プレボテラ・インターメディア」の存在があり、女性ホルモンがこの菌の増殖を促す働きがあり、出血を起こしやすい状態にするということがわかってきました。また、女性ホルモンが減少する更年期は骨粗しょう症が進みやすくなることから歯を支える骨にも影響があり、歯周病が進行するおそれがあります。ですから女性は思春期から更年期も含めて、男性に比べて歯周病のリスクが高い状態にあるといえ、歯周病対策もしっかりとしておかなければいけないということがいえます。

セルフケアでは治せない口臭

口臭には起床時や空腹時、食後などに一時的に強くなる生理的な口臭と、消化器や呼吸器の疾患のほか、歯周病など口腔内のトラブルによる病的口臭があります。後者の病的口臭は慢性的に発生するのが特徴で、口臭の抑制には原因となる疾患の治療が先決です。とくに歯周病の場合は治療によって歯肉の炎症を抑え菌の増殖を食い止めることで口臭の発生も抑えることができます。
最近、口臭対策として注目されている飲み物にココアがあります。ココアはポリフェノールが豊富な抗酸化食品として知られていますが、歯周病対策にも効果を発揮するということがわかってきました。実際に2週間、毎食後にココア(純ココア8gを100mlの水またはお湯を溶かしたもの、糖質ゼロの甘味料を加えても可、飲んだ後1時間はうがいや歯磨きは避けます)の飲用を続けたところ、歯周病関連菌の数及び呼気に含まれる口臭成分(揮発性硫黄化合物の量)がともに減少していることが認められました。ココアの飲用をやめると口臭の強さが元に戻ったことから、ココアが歯周病予防に効果的であることが実証されました。
紅茶やウーロン茶なども同様の効果が認められるものの、抗菌効果はココアが最も強く、ポリフェノールの含有量も紅茶、ウーロン茶の約4倍と多いので、普段、飲用するならば、ココアがおすすめです。口臭が気になる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

中村歯科コラム:身近な飲み物ココア

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~12:30 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~12:30 / 14:30~17:30