歯科コラム

私たちの健康を支える歯並びはチーム力のたまもの

歯と健康

1本1本の歯に与えられている役割

4年に1度のW杯サッカーも終わり、一抹の寂しさを覚える方も多いかと思いますが、2年後に東京オリンピックが迫っており、期待感が持てます。
  今回はなんといっても当初の予想を裏切る“おっさんジャパン”の活躍でしたが、その好成績を支えたのは団結力にあったともいわれています。若手から中堅、ベテラン選手まで目標に向かって一つにまとまり、スムーズな連携が図れたということです。団結力はチーム力とも言いかえられますが、歯科の観点からすると、このチーム力は私たちの歯並びによく現れています。
サッカーのポジションは後ろからゴールキーパー、ディフェンダー、ミッドフィルダー、フォワードと大きく4種類に分けられ、それぞれ役割が異なりますが、永久歯の場合も同様にその形によって3種類に分類できます。それは切歯、犬歯、臼歯です。
切歯とは前歯のことで読んで字のごとく、食べ物を噛み切る働きがあります。中央の2本を中切歯、その隣の歯を側切歯といいます。
犬歯は先が尖っていて動物の牙のような形をしていて、食べ物を切り裂くために最適な形をしています。根は一番長く頑丈なので、一番寿命が長い歯です。お年寄りでもたいてい、犬歯は残っています。犬歯が噛み合わせの目印ともなり、下あごの位置を定め、安定した噛み合わせに導いています。
臼歯は小臼歯(第1、第2)と大臼歯(第1〜第3)があり、臼のような形で食べ物をすりつぶす役割があります。上あごの第1小臼歯は下あごの固定に重要な歯で、第2小臼歯は噛み合わせの安定を保つ歯といわれています。
第1大臼歯は永久歯の中でも最も大きく、噛む力も最強です。そのため、食べ物の咀嚼に最も大事な歯といわれています。噛み合わせの高さを決め、それを保つ役割も果たしています。一番奥にある第3大臼歯は親知らずともいわれ、現代人では初めからない人もいて退化傾向にある歯です。

健康を支えるための大事な戦力

永久歯は親知らずを入れて合計32本ありますが、1本1本には役割があり、調和を持って配置されています。歯列全体がアーチ型をしているのも、隣合う歯がお互いに支え合って強度を増し、安定した歯列を保つためです。
硬い食べ物であれば前歯で噛み切り、それを臼歯で砕いたり、すりつぶしたりして唾液で混ぜ合わせ、ある程度のかたまりにして喉に送り込みます。舌や頬の筋肉のアシストも含めて、まさにお口の中のチームプレーといえます。
サッカーは11人の選手が揃ってこそ、チームとして機能しますが、私たちの歯列も1本欠けても本来の力が発揮できません。むし歯や歯周病で歯を失うことはレッドカードで退場になるようなもの。万が一、歯を失った場合にはインプラントなどでそのスペースを補っておく必要があります。なぜなら、1本でも歯を失うと噛む力が激減することはもちろん、放っておくと空いたスペースに周りの歯が移動して噛み合わせが崩れてしまうからです。
1本1本の歯は私たちの健康を支えるための大事な戦力です。日々の歯ブラシと定期的な歯科医院でのメンテナンスで一生、大切に使いたいものです。

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30