歯科コラム

縁の下の力持ち、唾液の不思議パワー

歯と健康

colum_1805_01

むし歯予防に唾液の力

むし歯や歯周病予防に欠かせないものとして、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診があげられます。そしてもう一つ、忘れてはならないのが唾液の存在です。日頃からお世話になっていながらあまり気にとめることのない存在ですが、じつは私たちの気づかない部分でむし歯予防をはじめ、私たちの健康を支えてくれています。
唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれていて、でんぷんを分解する働きがあり、消化を助けていることは皆さん、ご存じの通りですが、唾液のもつ作用はそれだけはないことがわかってきました。
食後の口の中は酸性に傾いているため、むし歯になりやすい状態にあります。それは歯の表面を覆うエナメル質は酸性に弱く、pH5.5以下になると溶解し始めるからです。歯が溶けることを脱灰といいますが、脱灰が続くとついにはエナメル質の歯に穴が開いて、いわゆる初期段階のむし歯となります。
ただ、このときにすぐにむし歯にならないのは唾液に口の中の酸性中和させる働きがあるためです。それだけでなく、初期の微細なむし歯であれば、唾液の中に含まれるカルシウムやリンなどが歯の表面に取り込まれる“再石灰化”という現象が起き、エナメル質の表面を修復してくれます。
唾液は口の中を洗い流して衛生的に保つだけでなく、歯の再石灰化を促すなど、普段から歯を守ってくれているのです。

よく噛めばアンチエイジング効果も倍増

唾液の中にはまだまだ有用な成分が含まれていることが報告されています。 “若返りのホルモン”のパロチンや、EGF(上皮成長因子)とよばれるたんぱく質などもそうです。EGFは皮膚の若返り作用があるというので、 最近ではEGF配合の化粧品が開発されているほどです。
そのほか、“天然の抗生物質”と呼ばれるタンパク質やがん予防の酵素も含まれていて、さまざまな病原菌の感染やがんから私たちを守ってくれている大切な存在といえます。
唾液は頬やあごの内側にある唾液腺から分泌されますが、噛むという刺激で分泌が促されます。ですから、食事を抜いたり、よく噛まなかったりすると唾液がよく分泌されません。また、ストレスなどによって交感神経が優位になると唾液の分泌が低下します。
ですから、ストレスはできるだけためないようにして、三食をきちんとよく噛んで食べることが大切だといえます。むし歯予防、歯周病予防になることはもちろん、病気知らずで若々しい人生を過ごすことができるでしょう。

colum_1805_02

24時間受付メールで診察予約・ご相談

電話にて診察予約・ご相談

 

042-522-4302 042-522-4302

平日
9:00~13:00 / 15:00~20:00
土曜日
9:00~13:00 / 14:30~17:30